アンプルールで消せるのはどんなシミ?

MENU

アンプルールで消せるのはどんなシミなの?

アンプルールはシミけし効果が高い美白スキンケアとして人気です。
どんなシミでも薄くなるわけではありません。
効果があるシミとないシミがありますので紹介します。
要は、ハイドロキノンで消せるシミなのかどうかということです。

 

効果のあるシミ

 

老人性色素斑

 

紫外線などの影響でできる「シミ」。だれもが1つはあるであろう一番ポピュラーなもの。日本人の70%がこのシミとも言われてるそう。

 

炎症性色素班

 

ニキビ跡・虫さされ跡・かぶれ跡など、皮膚の炎症によるもの。

 

 

肝斑

左右対称の頬骨の部分が一般できで、目の下・額・口の周りなどにモヤモヤとできるもの。女性ホルモンのバランスが崩れれてくるのが原因なので、更年期にできやすい。※肝斑の場合はトラネキサム酸服用薬が効果的。

 

 

効果が実感できないシミ

 

雀卵斑
そばかすのこと。多少は薄くはなるが消すには皮膚科医に相談した方がいい。

 

脂漏性角化症
老人性色素斑が時間の経過(老化して)イボのように盛り上がってきたもの。

 

あざ
アカや薄茶・黒などに皮膚が変色しているものを消したい場合は、皮膚科医に相談してください。

 

 

一般的な紫外線のダメージの蓄積によってできたシミなら、効果を実感できますので、
ダメだとあきらめずに、一度チャレンジしてみてください。
自分のシミがどれかわからない場合は、アンプルールに相談するか、皮膚科に相談してみるといいですね。