アンプルールの看板成分「新安定型ハイドロキノン」の副作用

MENU

新安定型ハイドロキノンって何?副作用ってあるの??

 

 

アンプルールの美白スキンケアのほとんどに使われている
美白成分が「新安定型ハイドロキノン」です。

 

では、この「新安定型ハイドロキノン」とはいったいどういったものなのでしょうか?

 

 

 

美白効果は一般の美白成分の約100倍!

 

シミやニキビ跡、やけどの跡などを消すのに有効な漂白成分として「ハイドロキノン」が有名です。

 

そのハイドロキノンは「究極のブライトニング成分」で、シミの原因であるメラニン生成の際に働くシロチナーゼ酵素の活性を抑える効果が非常に高い成分です。
さらには、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用により薄くする働きがあるので、
まさに美白の最強の成分といえます。

 


しかし、高い効果の反面、光や酸素、熱に対してデリケートなこと、
皮膚刺激などの理由で2001年までは医師の処方箋が必要でした。

 

アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」は、ハイドロキノンの不安定さを克服や刺激といった欠点を克服した、より安全なハイドロキノンなんです!
しかも!!
世界で初めて化粧品に配合したのはアンプルールなんです!!

 

 

妊娠や授乳中でも安心して使える!!

 

 

 

通常のハイドロキノンと違い、「新安定型ハイドロキノン」はお肌への刺激を少なくしてありますので、お肌が敏感な妊娠中や授乳中でも安心して使うことができます。
産婦人科でも取り扱っているところがあるそうですよ!

 

妊婦でも使えるくらいですから、
かなり低刺激でシミを薄くすることができるすごい成分だといえます!

 

すべての方が反応しないとは言えませんが、
アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」の副作用はほとんどないと考えていいでしょう。
ハイドロキノンは、
いちご類や麦芽、紅茶などの天然成分にも含まれる身近な成分なんですよ。

 

 

 

 


新安定型ハイドロキノンが効くシミはどんなシミ??

アンプルール独自の美白成分「新安定型ハイドロキノン」が効果があるシミは以下のシミです。

 

紫外線によるシミ・そばかす

 

ホクロのような小さな日光黒子から、
大きく濃い老人性色素斑まで、紫外線が原因のシミ、およびソバカス。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れによるシミ

 

30代後半から見られる女性特有の肝斑とよばれるシミ。
頬から目尻にかけて左右対称にできるのが特徴。

 

 

 

ニキビ跡、傷やヤケド等によるシミ

 

ニキビや傷、ヤケドによって炎症が起こりメラニンが増え、
色素沈着を起こしてできるシミ。